スタッフ育成でよくある2つの勘違いとスタッフ育成7つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私はスタッフ育成も、集客も、商品作りも全て同じ事を軸に考えています。

それは……、

【人の幸せ】です。

スタッフ育成であれば、スタッフの幸せにどう貢献するのか?集客と商品作りはお客さんの幸せにどう貢献するのか?を徹底的に考えます。

そうする事で、スタッフは自ら働き、お客さんは喜んで商品を購入してくれるようになるのです!
今回は“スタッフ育成”についてお伝えしていきます。

スタッフ育成における2つのよくある勘違い

スタッフ育成におけるよくある勘違いその1:自分が現場にいないといけない

これはよくワンマン社長に多いのですが、
“自分が現場に居続けないとお店が回らない”と考えています。

今までの結果で周りの人に認められてきたので、精神的にも現場からなかなか抜ける事ができないのです。

この状態でオーナーが倒れたら、誰がお店を支えるのでしょうか?

“自分が現場にいないと行けない!”は大きな勘違いで、オーナー並みの現場力をもつ人を育てる仕組みを作り、お客さんから来店したい!と思える集客の仕組みを作る必要があります。

そうする事で、オーナー本来の仕事である、スタッフ採用、育成、集客の仕組作りにより注力できるのです。

 

スタッフ育成におけるよくある勘違いその2:即戦力を採用すればいい

よく、“どんな人を採用したいですか?”という質問に対して、“即戦力が欲しい!”という答えが当たり前かのように返ってきます。

即戦力、誰もが欲しい人材です。ですが、現実的に考えて、大金を用意しない限りは即戦力はなかなか採用できません。

即戦力になる様なスタッフは、まずその働いているお店が手放しません!

即戦力を採用する事よりも、即戦力になる人を育てる仕組みを作り上げる方が長期的に考えたら、時間もお金の面も効率がいいのです。

 

スタッフ育成で大切な事とは?

そもそもなぜ人材育成が必要なのでしょうか?

それは、あなたがいなくてもあなたのお店が、社会に貢献し続ける(利益を生み続ける)仕組作りをする為です。

あなたがお店に1週間いなくても、あなたのお店は利益を生み続ける(貢献し続ける)ことは可能でしょうか?

今すぐにその状態にする、という事は難しい事かと思います。ですが、その状態に近づける事こそが経営者の仕事となります。

スタッフが増えれば、より多くの貢献が出来るようになります。その為には、スタッフ育成は欠かせないのです。今、あなたが行っている仕事を次の人を信用し、託す事が大切なのです。

 

スタッフ育成の前にどんな人を採用するのか?

あなたのお店ではどのような人を採用しているだろうか?

採用に関して、明確な基準はありますか?まず、スタッフ育成を考える前に採用の基準を明確にする必要があります。

お店によって、良い人材の定義は違ってきます。また、採用する基準はあっても、こういう人は採らない、という基準を作っていないお店が多くあります。

採る、採らないといった両方の基準作りが必要です。

一般的には、

■採る人材

  • 夢がある
  • 素直
  • 勉強熱心
  • 努力家
  • 挑戦する

■採らない人材

  • 傲慢
  • 自分の事しか考えていない
  • 現状維持で満足
  • 他責にする

といったところではないでしょうか?

この様に、採る、採らないの両方の基準を明確化する事をおススメします。

それでは、スタッフ育成をする際のポイントをお伝えしていきます!

 

スタッフ育成7つのポイント

1. 理念を伝え、理念に沿った行動、考え方を伝える

よく、スタッフ育成をすることは技術や知識を教える事。と考えている方がいます。実は、それではスタッフ育成のどつぼにはまってしまうのです。

技術や知識はもちろん大切なのですが、表面上な事に過ぎません。まず、はじめに行う事は理念を共有する事です。

この理念を共有しているかしていないかでは、そのお店での成長度に雲泥の差が出ます。

“理念=何の為に”、を共有して、成長をしていく事で一番のベースとなり、その上に技術や知識が乗ってくるのです。

何の為にが明確な人は自ら学び、自ら行動します。この“自ら”こそが成長でとても大切な事なのです!

ですが、理念を共有した上で、行動が伴っていなければ意味がありません。

理念に基づいた行動、考え方を伝える必要があります。

例えば……、

  • おはようございます、こんにちは、ありがとうございますの挨拶を徹底
  • 出来ない理由ではなく、どうやったら出来るか?を考える
  • 失敗したときは自分の責任、成功したときは誰かのおかげ

といった事を徹底して伝えていきます。

 

2. 魚を与えるのではなく釣りを教える

突然ですが、あなたと、あなたのスタッフ2人で無人島に遭難したとします。

持っているものは、釣り竿とエサ。あなたは釣りの名人。しかし、スタッフは釣りをした事がありません。

無人島なので、自分達で食料を手に入れなければ飢死してしまいます。
そんな状況であなたは魚を釣ってあげますか?それとも釣り方を教えてあげますか?

魚を欲しているスタッフにもし魚を与えてしまうと、その魚で一時的には満たされるかもしれない。しかし、その魚を食べてしまえば、なくなってしまうので、また明日も同じことの繰り返しになります。

だからこそ、釣り方を教えるのです。そうすれば、2人で魚を得ることができます。

2人で生きていくために魚を釣るか、釣り方を教えるか?

これをビジネスの現場に置き換えて考えると、悩んでつらいスタッフに経営者としてどのように接するべきかという問題です。

魚を釣ってあげるという行為はビジネスにおいてどのようなことを意味するのか?

【それはスタッフを信頼していない】ということを意味します。

魚を与える答えは一見、人間愛にあふれスタッフ思いのようですが、心の奥底ではスタッフを過小評価し、能力を認めていないのです。

だから「夢をもたせてあげよう。そのためにレールを敷いてあげよう」、さらに「後押しもしてあげよう。」というような発想になってしまうのです。

しかし、一生オーナーが付き添ってあげることはできません。ずっと誰かに保護されていた人間がどこかで脱線したら、一人で起き上がり自力で進めるでしょうか?

 

3. 信頼して任せる

人は役割を持つと、自主性が生まれ、やる気が出ます。

信頼しているからこそ、任せることができるのです。勿論、失敗したときの最終責任は経営者であるあなたです。

信頼、覚悟がないと、任せる事は出来ません。

では、任せるタイミングはどのくらいがベストなのでしょうか?任せるタイミングとしては、ちょっと早いかな?くらいが丁度いいです。

リーダーやマネジャーという役割を与え、どういった仕事か一緒に考え、あとは任せるのです。

 

4. 自分で考える癖をつけさせる

スタッフが何か、悩んでいる時や失敗した時にすぐに答えを与えてはいけません。時間的効率を考えると、すぐに答えを教えたくなります。

しかし、それは短期的に考えたら!の話です。長期的に考えると、すぐに答えを出さずに、一緒に考え、気づきを与え、答えに導く方が圧倒的に効率がいいのです。

自分で考える事で、主体性が生まれ、勝手に動くようになります。あなたがいつも答えを与えていては、スタッフはただの指示待ちになってしまうのです。

 

5. 自己啓発を勉強する

仕事をする上で、自己啓発を勉強する事はとても大切なことです。

経済的豊かさと精神的豊かさが満たされる事で人は幸せになります。

  • 沢山の人と会い、旅をして、本を読む
  • 収入の10%は自己投資にあてる
  • 高い目標にチャレンジし、挑戦する
  • 表情、言葉使いをしっかりする
  • 感謝を伝える

人格の向上は人の幸せに繋がるのです。あなたの本棚や情報源をスタッフと共有する事をおススメします!

 

6. 夢を共有する

みんなで夢を共有する事をおススメします。そして、その夢を全力で応援し続け、叶うようにサポートをするのです。

あなたが、スタッフにその夢を叶えるパートナーだと伝え、行動で示す事で頑固たる信頼が生まれるのです。

 

7. 誰かの為にを明確化する

あなたとスタッフとで一緒に考えて欲しい事があります。

それは、

“誰かの為に何ができるのか?”です。

集客でいえば、誰かは“理想のお客さん”になります。理想のお客さんが幸せになる為に何が出来るのか?

あなたとスタッフとで一緒に考え、実行に移す事で、自主性が生まれ、理想のお客さんからお礼を言われたり、理想のお客さんの幸せを実感できる時に、仕事に対する真の喜びを感じるのです。

 

最後に

ビジネス上で一番可能性を秘めている投資って何か分かりますか?

それは、“人”です。

チラシや広告にいくら時間、お金を投資しても限度があります。ですが、人の成長は無限の可能性を秘めています。

今、あなたに関わっている仲間一人一人とのストーリーがあるかと思います。

夢を共有し、その夢を叶いあう仲間。仲間がいるからこそ、楽しさは何倍にもなり、苦しさは何分の1にもなります。

これから、どんなストーリーが始まるのか?

あなたと、スタッフと共に素晴らしいストーリーを作って下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料動画セミナー:幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」

・売上月100万円以上
・フリーペーパーなどに頼らず、キャンペーンもしなくても1ヶ月先まで予約が一杯
・リピーター様が8割以上
・ご来店時に次回予約が必ず取れる(電話対応が減る)
・嫌なお客様に振り回されず(ドタキャン・遅刻etc)、理想のお客様だけがご来店する
・月8日~10日の休み


上記の状態である“幸せなサロンオーナー”になるための具体的方法を無料でプレゼント♪

 

また、マイメディア無料会員になると、以下のものをプレゼント!

1. 幸せなサロンオーナーになるためのメールセミナー
2. 会員限定記事
3. 会員限定動画:幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」
4. 会員限定のウェブセミナー
5. メール会員だけが見られる限定メルマガ


 

マイメディア通信
第1回 幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」
第2回 感情と情熱をお届けします!
第3回 売上が上がらない本当の理由
第4回 売上を上げるには○○を増やす!
第5回 サロンの来店頻度を上げるには○○をしろ!



幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」の詳細を知りたい人は下記より今すぐ詳細をチェック!

今すぐ詳細をチェック

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*