サロン開業

【実例紹介】エステサロンを開業して売上月100万円以上を達成するための9つのステップと3つのポイント

齋藤です。

  • エステサロンを開業させたいけど、どこから始めたらいいのか分からない……。
  • エステサロンを開業させたいけど、資格を取ったほうがいいのかな……。
  • エステサロンを開業させたものの、毎月の家賃や高額な美容機器の支払いで精一杯……。

といった悩みを抱えている方、多いのではないでしょうか?

もし、あなたがこれからエステサロンを開業する、ということでしたら、とてもラッキーです!

なぜなら、この記事を読んで、起こりうる問題に対して事前に準備をすることができるからです。

もちろん、既にエステサロンを開業しているあなたにも役に立つ情報です。

なぜなら、この記事を読むことで、起こっている問題をしっかりと把握し、解決の糸口となりえるからです。

下記に書かれている内容は、成果実証済みのノウハウや考え方です。

このノウハウや考え方を実行し、売上が2倍となり、個人経営のサロンでも売上月100万円以上を突破しているサロンがいくつもあります。

私も早く成功させたい!
サロンで稼ぐには、まずは本質を知る事が大事だよ!

せっかく、夢であったエステサロンを開業したのであれば、しっかりとこの記事を読んで儲けて下さい。

実際に、エステサロンを開業して売上月190万円を達成させた静岡県沼津市にあるアロマデキラリの入江さんの実例も交えながらお伝えしていきます。

ということで、今回のブログではエステサロンを開業して売上月100万円以上を達成するための9つのステップと3つのポイントをお伝えしていきます。

エステサロンを開業する前に知っておくべき3つの事実

エステサロンを開業して売上月100万円以上を達成するための3つのポイントをお伝えする前に、エステサロンを開業する前に知っておくべき3つの事実をお伝えします。

なぜなら、この3つの事実を知らずに開業し、失敗していく経営者が非常に多いからです。

少しでも失敗する可能性を下げられるのであれば、もちろん知っていた方がいいですよね?

 

1. 1年以内に閉店するエステサロンは6割以上、3年以内に閉店するエステサロンは9割以上である!

エステサロンは開業しやすいため、毎年多くのの人がエステサロンを開業しています。

ですが、その一方で1年以内に閉店するエステサロンは6割以上で、3年以内に閉店するエステサロンは9割以上ある、と言われています。

これは100店舗のサロンが開業したとしたら、1年以内に60店舗以上が閉店し、3年以上営業しているサロンは10店舗程度である、ということです。

ひぇ〜!こんなにいっぱい閉店しているのね……。

どうでしょうか?

あなたが思っている以上に、数多くのサロンが閉店していないでしょうか?

ということは、みんなと同じことをしていてはダメなのです。

1年後にあなたのサロンが閉店しならないためにも、この3つの事実を知り、エステサロンを開業して売上月100万円以上を達成するための3つのポイントを実行していく必要があるのです。

 

2. 全国でエステサロンは大小あわせて2万店以上ある!

エステサロンは、技術さえ学べば独立をしやすい、というメリットがあります。

独立がしやすい分、エステサロンは全国で2万店以上ある、と言われています。

これは、開業をした瞬間、あなたには2万店以上の競合がいる、とも言えます。

その2万店の中に埋もれない様、なぜあなたのサロンを数多くあるエステサロンから選ぶ必要があるのか?を明確にし、差別化をしていくべきなのです。

 

3. 価格競争になりがちである

今、エステサロンではキャンペーンで500円、1000円といったお店がザラにあります。フェイシャル60分2000円といった価格設定も珍しくありません。

そんな中、あなたのサロンも低価格競争をしようとしても、大手には到底かないません。

エステサロンを開業して、開業したからといって過激な割引をする。

最初のうちは、その割引のおかげで集客できるかもしれません。

ですが、働いても働いても利益は残らず、どんどんジリ貧になっていきます。

低価格競争にならないよう、あなたのお店の価値をお客様に提供し、高い値段でも来店してもらう仕組みをつくっていく必要があるのです。

 

では、これら3つの事実がある中で、エステサロンを開業し、どのようにして売上月100万円以上を達成するのでしょうか?

こんな厳しい状況で、本当に売上月100万円を達成できるの?
みんなと同じことをしていたら無理だけど、「何をするのか?」をちゃんと明確にして、行動し続ければ大丈夫だよ!

それではエステサロンを開業して売上月100万円以上を達成するための3つのポイントを一つずつ、説明していきます。

 

エステサロンを開業して売上月100万円以上を達成するための3つのポイント

エステサロンを開業して売上をつき100万円以上にするには、知っておいて欲しい3つのポイントがあります。

 

1. 初期費用はなるべく少なくする

「起業して失敗したら借金地獄……。」、といったマンガでよくある様な話がなぜ起きるのでしょうか?

それは、銀行などからお金をたくさん借りて、いい気になり、初期費用を考えなしに使っているからです。

そうならないためにも、「なぜこの金額を使う必要があるのか?」という考えをしっかり持った上で、初期費用を使っていく必要があります。

初期費用には大きく、敷金、礼金、改装費用といった場所代とチラシやパンフレットなどの広告費、そして施術に必要なオイルや美容液、美容器具などがあります。

例えば、起業経験がないのに、10人のスタッフを雇って、家賃の高い大通りで、いきなり店を開業するのはリスクが高すぎます。

まずは「ベッド1台で、自分のお客さんをどういっぱいにするのか?」から始めてみてはいかがでしょうか?

そこからうまくいって、少しづつお客様の数を増やして、スタッフさんを雇っていけばいいのです。

初期費用を少なくすればするほど、回収するのもその分はやくなります。

 

2. 固定費をおさえる

先ほど、100店舗のサロンが開業したとしたら、1年以内に60店舗以上が閉店し、3年以上営業しているサロンは10店舗程度である、ということを伝えました。

どういった理由で100店舗のサロンが開業したとしたら、1年以内に60店舗以上が閉店するのか?

あなたは知っていますか?

エステサロンが閉店するほとんどの理由が固定費だと言われています。

固定費には家賃や、人件費、美容機器のリース代、広告費などがあります。

これらの固定費が大きければ大きい程、最後にあなたの手元に残る利益は少なくなります。

売上がいくら多くても、家賃や人件費、美容機器のリース代、広告費などを多く支払っていては、利益は残りません。

  1. 家賃は高すぎないか?
  2. 人を雇う必要があるのか?
  3. 美容機器は本当にいるのか?

などをしっかりと吟味して、固定費を小さくしていきましょう。

 

3. 粗利を大きくする

粗利とは売上から材料費や人件費などの売上原価(コスト)を差し引いた利益のことです。

当たり前ですが、値段を高く設定すればする程、粗利は大きくなっていきます。

エステサロンを開業した時に、よく「私にはまだ実績も自信もない……。」と値段を安めに設定する経営者を目にします。

ですが、開業時に決めた値段は、値上げしにくくなります。

実際に、「開業時に決めた値段から値上げをしたいけど、値上げしにくい……。と嘆く経営者が多いです。

また、「こんだけ頑張って、こんなものかぁ……。」と後々、後悔しながら仕事をしていては、あなたにもお客さんのためにもなりません。

それであれば、「これだけの金額を頂ければ、誠心誠意をもって仕事を出来る!」という値段設定をすることをお勧めします。

ちなみに、「値上げ」はサロン経営をする上で、とても大切な価値観なので、こちらの記事も合わせてご覧くらさい。

客単価を上げる最大の方法は○○○!あなたの商品、サービスの値段をどのように決めていますか? 原価から? 相場から? 実は……、値段を決める際、原価、相場から...
ディズニーランドから学ぶ!サロンが値上げすべき3つの理由ディズニーランドから学ぶ!サロンが値上げすべき3つの理由をお伝えしています。...
サロンは安易に"値下げ"ではなく、どう"値上げ"するか?を必死に考えよう!齋藤です。 値下げすれば、お客様がたくさん増える! お客様は、安ければそれでいい! 安い方がいいに決まっている...

 

エステサロンを開業して売上月100万円以上を達成するための9つのステップ

エステサロンを開業するにはどういった準備が必要なのか?

また、エステサロンを開業してお客様を集客して売上をつき100万円以上を達成するためにはどうすればいいのか?

じゃあ、具体例を交えながら、実際に売上月100万円以上を達成するための9つのステップを紹介するね!
やったー!待ってました〜!

 

実際に、エステサロンを開業して売上月190万円を達成させた静岡県沼津市にあるアロマデキラリの入江さんの実例も交えながらお伝えしていきます。

アロマデキラリの入江さんは、

エステサロンを開業する前に知っておくべき3つの事実
  1. 1年以内に閉店するエステサロンは6割以上、3年以内に閉店するエステサロンは9割以上である!
  2. 全国でエステサロンは大小あわせて2万店以上ある!
  3. 価格競争になりがちである

と、

エステサロンを開業して売上月100万円以上を達成するための3つのポイント
  1. 初期費用はなるべく少なくする
  2. 固定費をおさえる
  3. 粗利を大きくする

を知らなかったがために、開業当時は売上10万円ほどでした。

ですが、今からお伝えする7つのステップをひとつひとつ踏んでいくことで、売上月190万円を達成しました。

では、その具体的なステップをお伝えしていきます。

 

1. 理想の未来を明確化する

エステサロンを開業するにあたって、まずやって欲しいことがあります。

それは、あなたの理想の未来を明確にすることです。

エステサロンを開業して、あなたはどういった理想の未来を叶えたいのか?を考えてみてください。

僕らは、イメージした理想の未来を叶える力を持っています。

逆に、イメージできない未来は叶えることができません。

また、エステサロンを開業して、売上月100万円を達成したとして、何をしたいのか?を考えることがとっても大切です。

成功した後を考えていないと、売上がつき100万円を達成した瞬間に目的を失い、やる気を失ってしまいます。

僕も、実際にそういった人を何人も見てきました。

エステサロンで成功することはあなたの理想の未来を叶えるための手段にすぎません。

だからこそ、成功した後に何をしたいのか?を今のうちにしっかり考えておくのです。

例えば、1年後どういった状態だったら、最高に幸せなのか?を考えます。

やれる、やれないは関係なく、理想の未来を考えていきます。

白い紙などを用意して、あなたの理想とする未来をどんどんリストアップしてみてください。

 

理想の未来を見える化する

理想の未来をリストアップできたら、あなたの理想の未来を見える化することをお勧めします。

なぜなら、理想の未来を強烈にイメージしたほうが、理想の未来を叶えやすいからです。

実際に、アロマデキラリの入江さんにもエステサロンを開業した当時にやっていただきました。

そして、その当時に描いていた

入江さんが描いていた理想の未来
  • 目標売上を達成する
  • 外車を購入する
  • 新築を購入する
  • 結婚する

ということがすべて叶っています。

これ、すごいですよね。

 

2. 理想のお客様を明確にする

エステサロンの理想のお客様を明確にしていきます。

あなたにとって、どんな人が理想のお客様なのか?を明確にしていきます。

具体的には、

理想のお客様像
  1. 名前 
  2. 年齢
  3. 性別
  4. 家族構成
  5. 最終学歴
  6. 会社名
  7. 業種、業界
  8. 仕事内容
  9. 役職
  10. 年収
  11. 1日のスケジュール
  12. 悩んでいること

を設定し、理想のお客様を明確化していきます。

理想のお客様を明確にすることで、どういった雰囲気のエステサロンがいいのか?どういったメニューがいいのか?などが決まってきます。

 

嫌なお客さんも決める

また、理想のお客様を決める際に、あなたにとって嫌やお客さんはどんな人なのか?も明確にしましょう。

嫌なお客さんを明確にすることで、より快適に、楽しくサロンワークに励むことができます。

例えば、

  • ドタキャンが多い
  • 理不尽なクレームばかり言ってくる
  • 無理な値下げを要求してくる

といった感んで、あなたにとって嫌なお客さんの特徴などをリストアップしていきます。

ちなみに、嫌なお客さんを手放す具体的な方法などを知りたい方は、こちらもご覧ください。

イヤなお客さんを手放すべき3つの理由と2つの具体的方法ビジネスをしていると必ず出てくるこのイヤなお客さん……。 イヤなお客さんの特徴として多いのが、 遅刻やドタキャンを平...

 

3. エステサロンのコンセプトを決める

  • あなたの理想のお客様にどうなって欲しいのか?
  • あなたはどんな想いでエステサロンを開業させるのか?
  • エステサロンのこだわりは何でしょうか?

などを考えていきましょう。

そして、それらを一言でいうと何のか?があなたのエステサロンのコンセプトとなります。

このコンセプトがないと、軸がないようなものなのでブレてしまいます。

エステサロンを開業する前にしっかりとコンセプトを考えておきましょう。

 

4. エステサロンを開業するのに必要な費用を計算する

エステサロンを開業するのに必要な費用を計算していきましょう。

エステサロンを開業するには、

開業に必要な費用
  1. 家賃
  2. 礼金・敷金
  3. 改装費
  4. 家具の費用(施術用ベッドやソファーなど)
  5. 用具の費用(フットバス、タオル、アロマオイルなど)
  6. 広告費
  7. その他

などがかかってきます。

これらをひとつひとつ、どれくらいの費用がかかるのか?を考えて、計算してみましょう。

 

エステサロンを運営するのにかかる毎月の固定費も計算しよう

エステサロンにかかる固定費も計算しましょう。

エステサロンの固定費
  • 家賃
  • 用具の費用
  • 広告費
  • その他

が主にあります。

これらが大体いくらかかるのか?も計算をして把握しておきましょう。

毎月の固定費を知っておくことで、売上をどれくらい出せば利益がいくらいくのか?が明確になります。

ぜひ面倒くさがらずに計算しておきましょう。

 

5.エステサロンの立地を選ぶ

ここにきてやっとエステサロンの立地を選んでいきます。

あなたが理想とするお客様はどういった場所を好むでしょうか?

あなたの決めた費用にも沿って、エステサロンの立地を選んでいきましょう。

また、駐車場の有無だったり、同じエリアの競合店だったりを一緒に調べておくことをお勧めします。

 

自宅サロンにするかテナントにするか?

自宅サロンにするのか、テナントにするのか?かなり迷うかと思います。

もしも、予算がたくさんあって、どうしてもテナントにしたいのでしたら、テナントがいいかと思います。

ですが、もしも、はじめてエステサロンを開業するのであれば、自宅サロンがオススメです。

なぜなら、テナントに比べて自宅サロンは開業する資金や固定費を一気に抑えることができるからです。

もちろん、自宅サロンでは大きく看板を出せなかったりするので、集客するのが難しい面があります。

最終的には、あなたがどうしたいのか?と、あなたの予算を考えながら決めるといいかと思います。

 

6. エステサロンの開業届けをだす

場所が決まったら、エステサロンの開業届けを税務署でしましょう。

開業届けは、必要な書類を揃えて簡単にできます。

 

7. エステサロンの家具や備品を揃える

どんな雰囲気のサロンにしていくのか?を考えながら、エステサロンの家具や備品を揃えていきましょう。

  • サロンのコンセプトにあっているのか?
  • 理想のお客様んは喜んでくれるのか?
  • あなたが働いていてテンションが上がるのか?

これらのことを考えながら家具や備品を選んでいきましょう。

 

8. エステサロンのメニューを決める

続いて、エステサロンのメニューを決めていきましょう。

あなたのサロンのコンセプトや、理想のお客様が喜んでくれるメニューを考えていきます。

で、ここで注意があります。

よく、これもできるからといってメニューをたくさん用意する人がいます。

もちろん、たくさんのことができることはいいのですが、メニューをたくさん用意しすぎると、何屋さんなのか分からなくなってきます。

なので、メニューはシンプルで分かりやすいものにしましょう。

 

9. エステサロンの集客をしていく

エステサロンを開業して成功するために、お客様を集客していきましょう。

地域のフリーペーパーを調べてみたり、ブログを書いたり。

エステサロンを開業する前にもやれることはたくさんあります。

また、サロンを開業したら集客は何とかなると考えている人がなぜかたくさんいますが、ちゃんと集客していかないと何ともなりません。

エステサロンは開業をしてからがスタートです。

集客をしっかりと勉強して、できることを行っていきましょう。

ちなみに、エステサロンの詳しい集客方法に関しては、こちらをご覧ください。

売上190万円!?エステの集客で結果が出た11のこと売上190万円!?エステの集客で結果が出た11のことを紹介しています。...
7つのエステ集客方法!値上げしても新規客2倍!リピート率2.8倍!7つのエステ集客方法!値上げしても新規客2倍!リピート率2.8倍!を紹介しています。...
エステ開業をして売上月10万を190万に飛躍させた5つの行動エステ開業をして売上月10万を190万に飛躍させた5つの行動を紹介しています。...

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

エステサロンを開業する前に知っておくべき3つの事実
  1. 1年以内に閉店するエステサロンは6割以上、3年以内に閉店するエステサロンは9割以上である!
  2. 全国でエステサロンは大小あわせて2万店以上ある!
  3. 価格競争になりがちである
エステサロンを開業して売上月100万円以上を達成するための3つのポイント
  1. 初期費用はなるべく少なくする
  2. 固定費をおさえる
  3. 粗利を大きくする
エステサロンを開業して売上月100万円以上を達成するための9つのステップ
  1. 理想の未来を明確化する
  2. 理想のお客様を明確にする
  3. エステサロンのコンセプトを決める
  4. エステサロンを開業するのに必要な費用を計算する
  5. エステサロンの立地を選ぶ
  6. エステサロンの開業届けをだす
  7. エステサロンの家具や備品を揃える
  8. エステサロンのメニューを決める
  9. エステサロンの集客をしていく

をお伝えしました。

折角、夢であるエステサロンを開業させるのですから、ぜひ成功してください。

応援しています。

ABOUT ME
齋藤 英起
齋藤 英起
これまで150以上のお店をサポートして、売上アップを導いてきました。エステサロンが売上月10万円から月190万円に飛躍。わずか3ヶ月で施術人数約4倍・売上約5倍に。ネットからの売上0のサロンから、アメブロで月に10人の新規客獲得。と、短期間での売上アップに貢献している。
無料動画セミナー:幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」
  • 売上月100万円以上
  • フリーペーパーなどに頼らず、キャンペーンもしなくても1ヶ月先まで予約が一杯
  • リピーター様が8割以上
  • ご来店時に次回予約が必ず取れる(電話対応が減る)
  • 嫌なお客様に振り回されず(ドタキャン・遅刻etc)、理想のお客様だけがご来店する
  • 月8日~10日の休み

 

上記の状態である“幸せなサロンオーナー”になるための具体的方法を無料でプレゼント♪

今すぐ登録する!

また、マイメディア無料会員になると、以下のものをプレゼント!

  1. 幸せなサロンオーナーになるためのメールセミナー
  2. 会員限定記事
  3. 会員限定動画:幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」
  4. 会員限定のウェブセミナー
  5. メール会員だけが見られる限定メルマガ

 

マイメディア通信

第1回:幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」
第2回:どう売上月100万円のサロンが誕生したのか?
第3回:大きな結果がでる人とそうでないの違いとは?
第4回:サロン業界の○○を疑え!
第5回:サロンは情報発信で稼ごう!
第6回:幸せなサロンオーナー7つの考え方
 ・
 ・
 ・

幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」の詳細を知りたい人は下記より今すぐ登録をクリック!

今すぐ登録する!