サロン経営

サロン経営でこれからの時代で大切にすべき3つのこと

齋藤です。

緊急事態宣言が全国で解除され、コロナ騒動も少しづつ終息に向かっています。

ただ、まだまだ気は抜けませんね。

そして、地域によって温度差はあるかと思いますが、営業を再開して、少しづつお客様が戻ってきているサロンが増えてきました。

今回のコロナ騒動で、緊急事態が発令されて、、、

サロンは休業せざるをえなくなったり、資金繰りをするのに苦戦をしたり、自分の時間が多かったこともあり、色々と考えさせられることがあったかと思います。

そして、コロナが起きて、「何を学んで、どう行動していくのか?」がサロンの今後を大きく左右していきます。

  • すぐに忘れて、今まで通り行動をしていくのか?
  • 今回のコロナを教訓に、今までとは違う行動をしていくのか?

それを選ぶのはあなた自身です。

ただ、このブログを読んでいる方は、今回のことを教訓に、進化し続ける方だと思います。

前置きが長くなってしまいましが、今回のブログでは、僕の視点から見たサロンがこれからの経営で大切にすべき3つのことについて、お伝えしていきます。

 

幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」をプレゼント♪

  • 売上月100万円以上
  • フリーペーパーなどに頼らず、キャンペーンもしなくても1ヶ月先まで予約が一杯
  • リピーター様が8割以上
  • ご来店時に次回予約が必ず取れる(電話対応が減る)
  • 嫌なお客様に振り回されず(ドタキャン・遅刻etc)、理想のお客様だけがご来店する
  • 月8日~10日の休み

上記の状態である“幸せなサロンオーナー”になるための具体的方法を無料でプレゼント♪

 

今すぐ登録する!

 

サロン経営でこれからの時代で大切にすべき3つのこと

結局は、経営の基本に戻ることになるのですが、サロンがこれからの経営で大切にすべき3つのことは、

  1. キャッシュを残す
  2. 長期目線で考える
  3. いい時には攻め続けて、よくない時には次のチャンスを待つ

です。

では、それぞれ説明していきます。

 

1. サロンにキャッシュを残す

コロナもそうですが、地震や台風などの災害はいつ起こるかわかりません。

また、サロンの経営状況もいい時があれば、悪い時だってあるかと思います。

なので、何が起きても大丈夫なように、キャッシュを手元に残しておくことはとても大切なことです。

キャッシュがあれば、予想外の災害が起きても、回復するまで待つことができます。

ですが、キャッシュがなければ、資金繰りに困って、最終的には閉店を余儀なくされます。

なので、売上が全くなくても半年以上は大丈夫、といった状態をまずは目指しましょう。

サロンの規模にもよりますが、300万円以上は余裕の資金として残しておくことが必要です。

今までは、生活費+サロンの運営資金を稼げればいい、といった方も多かったと思います。

ですが、毎月余剰資金を少しづつ増やすために、+αを稼ぐことをしていくのです。

そして、ここがとても大切です。

余剰資金が貯まって、溢れてくるお金を投資に回していくのです。

例えば、あなたの喉が渇いているとしましょう。

その時に、コップに入れた水をすぐ飲むのではなく、コップいっぱいに水を入れて、あふれ出て、したたる水を飲むイメージです。

そして、常にコップには水がたまっていて、通常の時はあふれてくる水だけを飲んで、緊急時だけ、たまっている水を飲むのです。

こういった考えができれば、緊急時に慌てることはないですし、お金もたまりやすくなります。

 

2. サロン経営は長期目線で考える

サロンの経営では、長期目線で考えることが非常に重要です。

ただ、サロン業界の特徴なのですが、毎日、目の前のお客様を施術していくので、どうしても短期目線になります。

今、目の前のお客様を施術して、次の予約のお客様を施術して、という感じですよね。

もちろん、目の前のお客様に満足頂くための短期目線はとても大切です。

ですが、その短期目線と一緒にサロン経営者は長期目線を持つ必要があるのです。

今日、明日といった短期でしか考えていないサロンは、今回のコロナのように、何かがあったときにすぐに崩れていきます。

一方で、1ヶ月先、3ヶ月先、1年先と長期的な目線で物事を考えているサロンは、長期的に繁栄し続けます。

虫の目、鳥の目という言葉がありますよね。

虫のように小さな目で、目の前のこと、短期的なことを捉える。

そして、鳥の目で空の上から見てるように、ふかんして長期的に考える。

といった感じです。

この短期的視点と長期的視点を行ったり来たりして、経営をしていくのです。

ただ、いきなりは難しいので、まずは少しづつ実践してみてください。

 

3. いい時には攻め続けて、よくない時には次のチャンスを待つ

これ、当たり前のようですが、結構できていない人が多いように感じます。

特にいい時ですね。

自分がのっているときは、攻め続けることが大切です。

例えば、いつもより予約がたくさん入って、売上がいい時、

「もっと増やそう!」

と考えるのではなく、今月は十分だから、

「一旦ストップしよう。」

と考えるのです。

この場合は、勢いにのっているのでその流れに任せて、できるだけ予約数と売上は増やしていくのがオススメです。

また、自然に春夏秋冬があるように、僕らのバイオリズムも春夏秋冬が当てはまります。

春からスタートして、夏で勢いづいて、秋でその勢いが終息していき、冬が来る。

それを繰り返しています。

なので、勢いがいい時にどれだけ勢いにのるのか?

ここで、冬のために備えることが大切です。

そして、よくない時にはじっと待つ。

このことをぜひ頭に入れておいてくださいね。

 

幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」をプレゼント♪

  • 売上月100万円以上
  • フリーペーパーなどに頼らず、キャンペーンもしなくても1ヶ月先まで予約が一杯
  • リピーター様が8割以上
  • ご来店時に次回予約が必ず取れる(電話対応が減る)
  • 嫌なお客様に振り回されず(ドタキャン・遅刻etc)、理想のお客様だけがご来店する
  • 月8日~10日の休み

上記の状態である“幸せなサロンオーナー”になるための具体的方法を無料でプレゼント♪

 

今すぐ登録する!

 

まとめ

ということで、

「サロンがこれからの経営で大切にすべき3つのこと」

  1. キャッシュを残す
  2. 長期目線で考える
  3. いい時には攻め続けて、よくない時には次のチャンスを待つ

についてそれぞれお伝えしていきました。

一つでも

「これいいな!」

と思うものがありましたら、ぜひ実践してみてください。

ABOUT ME
齋藤 英起
齋藤 英起
これまで150以上のお店をサポートして、売上アップを導いてきました。エステサロンが売上月10万円から月190万円に飛躍。わずか3ヶ月で施術人数約4倍・売上約5倍に。ネットからの売上0のサロンから、アメブロで月に10人の新規客獲得。と、短期間での売上アップに貢献している。
無料動画セミナー:幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」
  • 売上月100万円以上
  • フリーペーパーなどに頼らず、キャンペーンもしなくても1ヶ月先まで予約が一杯
  • リピーター様が8割以上
  • ご来店時に次回予約が必ず取れる(電話対応が減る)
  • 嫌なお客様に振り回されず(ドタキャン・遅刻etc)、理想のお客様だけがご来店する
  • 月8日~10日の休み

 

上記の状態である“幸せなサロンオーナー”になるための具体的方法を無料でプレゼント♪

今すぐ登録する!

また、マイメディア無料会員になると、以下のものをプレゼント!

  1. 幸せなサロンオーナーになるためのメールセミナー
  2. 会員限定記事
  3. 会員限定動画:幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」
  4. 会員限定のウェブセミナー
  5. メール会員だけが見られる限定メルマガ

 

マイメディア通信

第1回:幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」
第2回:どう売上月100万円のサロンが誕生したのか?
第3回:大きな結果がでる人とそうでないの違いとは?
第4回:サロン業界の○○を疑え!
第5回:サロンは情報発信で稼ごう!
第6回:幸せなサロンオーナー7つの考え方
 ・
 ・
 ・

幸せなサロンオーナーだけが知っている「3つの価値観」の詳細を知りたい人は下記より今すぐ登録をクリック!

今すぐ登録する!